×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ペットサプリメント注意点

スポンサード リンク

ペットサプリメントとは

人間用だけでなく、最近はペット用のサプリメントも人気があります。CMや雑誌でペットフードを見かけることは多いですが、ペット用のサプリメントがあることは知られていないようです。ところで、サプリメントで栄養を取り入れることは、ペットにどんな利点があるのでしょう。

ペットのためにと作られているペットフードですが、栄養成分が十分でないため、ペットフードだけでは健康維持が難しいことも多いようです。

たとえ栄養価の豊富な材料を使っていたとしても、ペットフードはできあがるまでに高温加熱がされていたり、原料の保存期間が長かったりと、栄養が減ってしまうことが多いようです。

化学添加物が加えてあるペットフードや、量を増やして製造価格を安くするために穀類や品質の良くないたんぱく質などを配合している場合もあります。

ペットに中国産ペットフードを与えた時の問題が出たこともあったようです。

ペットの健康な体作りには、ペットフードだけでなくペットサプリメントも使う必要があるということは、アメリカの獣医師間ではごく一般的のようです。

本来ペット達は食事からの栄養素で、ばい菌や大気汚染、ストレス等から体を守っています。

病気にかかりにくい体になるよう、栄養不足に気をつけて偏りのない食事が必要なのは、人もペットも一緒です。

サプリメントでペットに栄養を与えるのは、食事のみでは体が必要としている栄養を与えきれないためでしょう。

理想的なペットのサプリメントは、善玉バクテリアや酵素をペットの体内に取り入れさせ、健康を高めてあげられるものです。

年を取ったペットは免役力が衰えがちですので、ペットサプリメントには消化作用や抗酸化作用の成分が含まれたものがいいでしょう。

ペットサプリメント注意点

ペットサプリメントは手軽に購入出来る分、注意すべき点もあります。

飼い主が責任を持ってペットサプリメントを与えてあげるようにしましょう。

ペットサプリメントは、分量を間違えると逆にペットの健康を損なってしまうような場合があります。

獣医や専門家のアドバイスを聞いて、ペットにサプリメントを飲ませるかどうかを決めてください。

ペットサプリメントを国外から調達するという時は、サプリメントの成分確認が重要です。

どのサプリメントを使うかは、各製造会社毎に公表している成分や材料をきちんと参考にしましょう。

ペットによっては特定の材料や成分に対してアレルギーが出る場合がありますので、サプリメントを与えてもかゆみや湿疹の症状が出ないか確認しなければなりません。

人間が使うサプリメントと同じように、ペット用サプリメントも医薬品ではありませんので、即座に効能があるというものではありません。

サプリメントの質は時の経過と共に変わりますので、買いすぎたからと手をつけずにいると質が悪くなる場合もあります。

食品と同程度のものとサプリメントは認識してください。

また、ベーシックサプリメントとは偏りなく栄養を摂取するための包括的なサプリメントで、ターゲットサプリメントとは目的を絞った使い方をするサプリメントです。

かかりつけの獣医に相談してどんなペットサプリメントがいいか聞いてもいいですし、最初は総合栄養補助サプリメントもいいでしょう。

犬や猫の平均寿命が延びペットの高齢化もますます進む現在、大好きなペットにはもっともっと長生きしてもらえるように、上手にペットサプリメントを活用していただきたいものです。

スポンサード リンク