×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康食品とサプリメントの種類

健康食品とサプリメント

スポンサード リンク

バランスのいい栄養摂取をするために、サプリメントや健康食品を使っているという人は最近増えているようです。

予防医学の考え方では、サプリメントや健康食品で未然に病気を防ぐことを重要視しています。

今から40年近く前、アメリカの医院で病気を治すためにと作られたものがサプリメントや健康食品といった商品類です。

医療に多額のお金をかけているにも関わらず、国民一人当たりの医療費が減少しないという問題を受けて、アメリカの上院で栄養問題特別委員会が設置され、原因についての調査がありました。

食べる物が健康にどのような影響があるのか探ることによって、病気予防に役に立つサプリメントや健康食品の必要性が認識されるようになったのです。

この時、3,000人を越える学者や医師からの意見を聞き、数千万ドルの国費を使って世界規模での調査研究が行われました。

過去の医療報告、栄養学的分析、臨床データを基にしたレポートは5000ページに及んだとされています。

レポートの内容は、アメリカ国民の不健康の原因は食生活の栄養不足によるものであるというものです。

食事だけでは健康維持に足りないことがレポートによって明らかにされたことから、サプリメントや栄養食品の重要性が認識されるようになりました。

アメリカでのサプリメントや栄養食品は、1944年に栄養補助食品健康教育法が制定され、販売形態が管理されるようになりました。

日本と違うアメリカの医療保障制度が、予防医学という、急速なサプリメントの普及の背景にあるといわれています。

病気になる前に健康食品やサプリメントの摂取などで病気を予防する予防医学の意識の高さは、アメリカ国民の医療費負が非常に大きいことと関係しているといえます。

健康食品とサプリメントの種類

サプリメントや健康食品は昔からあるものではなく、20年か30年くらい前から急速に広まり、普段から使われる商品として認識されるようになりました。

コンビニでもサプリメントや健康食品を販売するようになり、薬屋に行かずとも手軽に色々な商品が買えるようです。

一般的な錠剤型のサプリメントだけでなく、ドリンク状のもの、カプセル状のものなど、形や名前も多様化しています。

とはいえ、サプリメントや健康食品と銘打ってはあるものの、成分や健康効果が確保されているわけではないようです。

1991年に保健機能食品制度が作られたことにより、健康食品の一部に限って保健機能を表示しても良くなりました。

保健機能食品は実験データに基づいて審査を受けており、安全性や有効性が一定基準を満たしている製品にのみ認可されます。

サプリメントや健康食品の中でも、行政が定めた条件に合致しているもののみ保健機能食品となります。

保健機能食品は更に特定保健用食品と栄養機能食品に分類され、この2つの違いは厚生労働省が表示を記載しています。

ある一定の目的に合致した食品であることを明示できる商品が、特定保健用食品と呼ばれます。特定の栄養素に関して、厚生労働省の設定した基準を越えたと認められたものには栄養機能食品の表示ができます。

どんなサプリメントなのか、どんな健康食品なのかは個別にチェックしましょう。

サプリメントと健康食品は一概に全てが同じでは無いので、商品それぞれ特徴や種類を見極めるのが大切だといえます。

健康食品としてのサプリメントの上手な使い方

スポンサード リンク

健康食品として私たちが普段摂取しているサプリメントという言葉は、補うものという意味があります。

普段私たちが口にするサプリメントは、健康食品として体を健康に保ち、不足している栄養を補う等の目的で使用されています。

体に有用な栄養素や機能性成分を摂取しやすいよう、サプリメントはそれらの成分が取り入れやすい形に加工されています。

栄養補助食品、または健康食品という呼び方でサプリメントは販売されています。

体に欠乏しがちな栄養素を効率よく取り入れるための健康食品が、サプリメントであるとされています。

サプリメントは単独で摂取するものでなく、食事と共に体内に取り入れると効率的と言われています。成分表示をしっかり見極め、そのサプリメントに使われている成分は合成物か天然物か、どんな栄養が含まれているかを調べてください。

効果的にサプリメントを活用するためには、栄養素の特徴や効果の及ぼし方を把握した上でそれぞれに見合った使い方をすることです。

もしビタミンB群やビタミンCをサプリメントで摂取するなら、摂りすぎは尿として体外に出されるので、1度の摂取量はセーブする必要があります。

また、ビタミンA、D、E、Kは摂りすぎると体内に溜め込まれる性質があるので、これらの脂溶性ビタミンは食事で摂取できればサプリメントは必要ないと言われています。

ここ数年でよく耳にするアミノ酸系のサプリメントは運動前にとるのが効果的とされています。

体にどのような効果を期待するのか、どのような栄養素を摂取するかによって、サプリメントの扱い方はそれぞれ差があります。

どんなサプリメントにすればいいかわからないという時は、健康食品について調べてみたり、専門店や医師に相談してみるなどをして、自分に合うサプリメントを探してみてください。

スポンサード リンク